Mask For Blind 
 Project 

これまでに、7,860枚のマスクをお届けしました。

視覚障がい者にマスクを

Mask For Blind
プロジェクト
視覚障がい者の方々は、マスクが欲しくてもお店を見て回ったり、列を見つけて並んだり、オンラインショップで注文することが難しい方が多くいらっしゃいます。マスクがないことでガイドヘルパーの派遣を断られ、支援を受けられなくなってしまった方もいます。

そんな視覚障がい者の方に、マスクを無償で届けるために本プロジェクトが立ち上がりました。ぜひまわりの視覚障がい者の方にご案内してください。マスクの確保にお困りの当事者の方に、少しでもマスクをお届けできたら嬉しいです。

ガイドヘルパーさんも対象

視覚障がい者の方の外出を支援する、現場のガイドヘルパー(同行援護従業者)さんにも事業所関係なく本プロジェクトの対象といたします。届いたマスクをガイドさんご自身で利用いただくのはもちろん、できましたら利用者様(視覚障がい者)にもお渡ししていただけると嬉しいです。

マスクを希望される方へ

5月中旬から下旬以降に順次発送予定

マスクを入荷次第、順次発送いたします。マスクをご希望の視覚障がい者・ガイドヘルパー(同行援護従業者)の方は下記よりお申し込みください。

  • 在庫確保ができ次第順次発送させて頂きますが、状況によっては長くお待たせする可能性があります。
  • マスクの色や種類などについてはお選びいただけません。
  • 送付枚数は10枚を予定していますが、在庫とお申し込みの状況により変動する可能性があります。
  • 入力内容に不備があった場合はマスクの送付はされません。また、その際にご連絡もいたしませんので、内容にお間違いのないようにご確認をお願いいたします。
  • マスクは経費削減のため専用封筒ではなく同行援護事業所otomoの封筒にてお送りいたします。

視覚障がい者の方

視覚障がい者の方は、下記リンクのフォームから必要事項を入力の上、送信してください。当事者ご家族の方、支援者の方が代理入力される場合もこちらのフォームからお申し込みください。

ガイドヘルパー(同行援護従業者)の方

ガイドヘルパー(同行援護従業者)の方は、下記リンクのフォームから必要事項を入力の上、送信してください。お申し込み数によっては、視覚障がい者の方を優先して配布させて頂く可能性があります。
※ガイドさんが利用者様の代わりに入力する場合は、「視覚障がい者の方」のお申し込みフォームから利用者様情報を代理入力いただき送信してください。
※本プロジェクトは、同行援護事業所otomoが運営をしておりますが、業務の合間をみて運営しているため今のところマスク希望受付についてはフォームからのみとさせていただきます。ご不便をお掛け致しますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

Q&A

  • Q
    視覚障がい者とガイドヘルパーだけが対象でしょうか?
    A
    現在、社会的にマスクの供給不足の状態ではありますが、本プロジェクトについては視覚に障がいのある方とガイドヘルパー(同行援護従業者)のみを対象としております。また、視覚障がい者のご家族や支援者の方が代わりにフォームから代理入力していただくことは問題ございません。
  • Q
    費用はかかりますか?
    A
    視覚障がい者・ガイドヘルパー(同行援護従業者)の方へ無料で配布(郵送)いたします。送料も私たちが負担してお送りします。
  • Q
    マスクはどのように入手したものですか?
    A
    同行援護事業所otomoがメーカーや販売店、オンラインショップ等から購入したマスクになります。また、今後マスクの寄付いただいた場合はそのマスクも配布する予定です。
  • Q
    何度でも申し込みできますか?
    A
    できるだけ多くの視覚障がい者・ガイドヘルパー(同行援護従業者)の方にお届けしたいため、原則一回とさせて頂きます。
  • Q
    地域はどこまで対応してますか?
    A
    全国への送付に対応しています。
  • Q
    費用はかかりますか?
    A
    視覚障がい者・ガイドヘルパー(同行援護従業者)の方へ無料で配布(郵送)いたします。送料も私たちが負担してお送りします。

当事者の声

  • 1番困っているのはマスクです。今は中にティッシュを詰めて使い回しています。できればスーパーに行ったときにマスクが手に入ればいいのですが、なかなか手に入れることができません。
  • 薬局の店頭や店内で、マスクの入荷状況が表示してあるのかどうかが分からない。そのため、入荷状況を店員に聞きたいけど、店員には聞きづらい。
  • お店でマスクを購入したいが、どこに置いてあるかわからず、迷っている間になくなってしまい、購入できなかった。
  • マスクを購入するために同行援護を使おうとしても、長時間並ばなければならないため、事業所が受けてくれない。ただでさえ少ない同行援護の持ち時間をマスクを買うために使いたくない。
  • 同行援護をお願いするためには、マスクを着用していないとガイドヘルパーに来てもらえない。
  • マスクをオンラインで注文しようとしたら、画像認証のところで進めなくなってしまい、購入をあきらめました。
  • マスクをオンラインで注文しようとしたら、画像認証のところで進めなくなってしまい、購入をあきらめました。
※日本視覚障害者団体連合が実施した新型コロナウイルスホットラインに寄せられた声と、SNS等の当事者の投稿を参考にしています。

マスク寄付のお願い

多くの視覚障がい者がマスクを入手できずに困っています。サージカルマスク・不織布マスク・布製マスクなどに余裕がありましたら、ぜひ寄付をお願いいたします。

送付先

〒121-0813 東京都足立区竹の塚1-40-15 庄栄ビル5F
同行援護事業所otomo 行き

寄付のお願い

下記の銀行口座にて寄付金をお預かりしております。視覚障がい者の方やガイドヘルパーの方に届けるためのマスク購入や配送などに使わせていただきますので、ご支援をお願い申し上げます。

口座

三井住友銀行 西新井支店 普通 7090422 リンクス(カ

お問い合わせ

info@otomo.care
※同行援護業務の合間で対応をしておりますので、お問い合わせの回答にはお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

発起人

同行援護事業所otomoのロゴ画像
母親の視覚障がいをきっかけに未経験から同行援護事業を立ち上げて、右も左もわからないところから多くの視覚障がい者の方たちに応援していただき、僕たちotomoは続けることができています。

そして同行援護事業は、利用してくださる視覚障がい者の方と働くガイドヘルパーさんのおかげで成り立っている事業です。事業所を経営する立場として、少しでも感謝の気持ちをお返ししたいと思いこのプロジェクトを発足いたしました。

事業所や会社に関係なく、少しでも多くの視覚障がい者の方とガイドヘルパーの方にマスクをお届けして、少しでも新型コロナウイルスへの感染防止対策、不安を和らげらることの一助になれば幸いです。

otomo/リンクス株式会社
代表取締役 鈴木貴達